生ごみの臭い対策は重曹、酢、クエン酸で


スポンサーリンク
生ゴミ

生ごみの臭いは時間が経つごとにすごいことになります。
特に夏場は大変なことになりますのでしっかり対策をしましょう。

ごみバケツを開けたら異臭・悪臭がする・・・・・
いやですねぇ・・

 

重曹で生ゴミの臭い対策

生ゴミの臭いを重曹で予防

ポリバケツの中に入れるゴミ袋の底にあらかじめ重曹を少量入れておき、生ゴミを入れたときに、重曹を少々振りかけます。

 

酢で生ゴミの臭い対策

生ゴミの臭いを酢水で予防

酢水(酢を2~3倍の水で薄めて、よく混ぜたもの)1カップに塩大さじ1/2を入れて溶かし、スプレー容器に入れておきます。

これを、生ごみの上から1日数回スプレーをして、十分に水気をきってからごみバケツに捨てるます。

 

酢の臭いが苦手な場合

クエン酸で生ゴミのニオイ対策

酢のにおいが苦手な場合は、クエン酸で代用できます。
クエン酸は薬局で購入できます。

クエン酸水の作り方は、
クエン酸小さじ1を水200mlでよく溶かし、スプレー容器で保管します。
使う前によく振ってください。




関連記事

ピックアップ記事

豚肉を茹でる

ゆで豚のニオイを消す方法~お茶や紅茶で生臭さを消す

豚肉をゆでるときにお茶や紅茶を使ってニオイ消しをしよう。

記事と画像について

掲載されている記事・画像などの無断コピー・無断転載を固く禁止します。

まとめサイトや知恵袋等でご紹介くださる場合は、必ず参照元である当サイト名を明記してリンクをして下さい。

ページ上部へ戻る